投稿日:2021年9月6日

ステンレス溶接ではどんな溶接の種類が使われているの?

こんにちは!
兵庫県相生市を拠点に、工場などを対象とした機械器具の設置や配管工事などのプラント工事を手掛ける早川工業です。
溶接には、さまざまな工法があります。
今回は、「ステンレス溶接ではどんな溶接の種類が使われているの?」をテーマにお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

アーク溶接

アーク溶接とは、アーク放電と呼ばれる気体中の放電現象を利用して溶接を行う工法です。
高熱を発することで、あらゆる金属を接合可能です。
ステンレス溶接においてもよく採用されています。
低いコストで強度の高い溶接ができるアーク溶接は、対象物の幅も広く、さまざまな場所で活躍しています。

レーザー溶接

通信や医療など幅広い分野で、レーザーが利用されています。
溶接にも、レーザー溶接と呼ばれる、レーザーを利用した工法があります。
簡単に説明すると、レーザー溶接とは、レーザー光をあてることで、溶接したい金属を溶かし、接合するという工法です。
レーザー光はとても細いため、溶接したい部分周辺の狭い範囲でのみ熱を発します。
それゆえ、他の溶接工法と比較しても、熱による金属のひずみが少なくなります。
ステンレス溶接は、熱でひずみやすく、溶接の難易度が高いとされますが、レーザー溶接を用いることで、変形を抑えることができます。

電子ビーム溶接

電子ビーム溶接とは、真空中で加熱したフィラメントから放出される電子を利用した溶接工法です。
電子ビーム溶接におけるエネルギーの密度は、アーク溶接の1000倍といわれています。
更に、電子ビーム溶接では、溶接したい部分周辺の狭い範囲でのみ熱を発するため、金属のひずみを抑えることが可能です。

【求人】プロの技術者を目指せます!

早川工業では、工場での配管・架台・タンクの製作や、プラント工事の現場での機器の設置や配管の取り付け製作に携わっていただく現場スタッフを募集しています。
応募にあたり、経験や資格の有無は問いません。
未経験者の方もぜひご応募ください!
道具の使い方や仕事の進め方など、一から丁寧に指導しますので、ご安心ください。
分からないことはいつでも聞いていただける、風通しの良い環境です。
まずはお気軽に採用情報からご応募ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

早川工業
〒678-0066 兵庫県相生市山崎町237-4
TEL/FAX:0791-23-3722

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

プラント工事に携わり一緒に未来を切り開きませんか?

プラント工事に携わり一緒に未来を切り開き…

こんにちは!早川工業です。 弊社は、兵庫県相生市に拠点を構え、工場を対象に機械器具の設置や配管工事な …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

早川工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを …

看板製作しました!

看板製作しました!

看板製作しました!夜間にはライトアップします。 …