投稿日:2022年1月27日

製缶と溶接の関係性とは?

こんにちは!兵庫県相生市を拠点に、工場などを対象とした機械器具の設置や配管工事などのプラント工事を手掛ける早川工業です。
「製缶と溶接にはどのような関係性があるの?」
このような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は製缶と溶接の関係性について解説を行います。
ぜひ、最後までご覧ください!

まず製缶の意味とは?

金属加工

製缶とは金属板を加工し、立体的な容器や鉄骨部品などを形成する技術です。
金属板で立体形状をつくりだす製缶技術はあらゆる場面で使用されています。
製缶の技術を用いた製品として代表的なのは、プラント設備で使用されるタンクや圧力容器などが挙げられます。
通常の板金加工と比べ、より複雑な形状をつくり上げることも可能です。

製缶には優れた溶接技術が必須

製缶加工の精度は、溶接技術者の技量に大きく左右されます。
その理由は素材や製品に応じた溶接を行い、製缶加工品がその機能を十分に発揮できるかは溶接技術の高さに依存するからです。
製缶加工における代表例であるタンクで考えてみましょう。
タンクの用途は水や薬品といった液体を保存する容器です。
万が一そのタンクから薬品などの有害物質が漏れ出すようなことがあれば、人体への健康被害だけでなく環境にも影響を及ぼす可能性があります。
そのため、確実な気密性を確保するためには高度な溶接技術が要求されるのです。
製缶加工では、全く同じ製品を量産するようなことはほとんどありません。
これらの理由から、製缶加工には長年の経験と培ってきた溶接技術が必要になります。

新規スタッフを募集中です!

金属加工

ただいま早川工業では、工場での配管・架台・タンクの製作や、プラント工事現場での、機器の設置や配管の取り付け・製作に携わっていただく現場スタッフを募集中です!
本コラムでは、製缶と溶接の関係性について解説を行いましたが、いかがでしたか?
タンクなどを製造する製缶においては優れた溶接技術が必要になります。
早川工業で溶接の技術者として活躍しませんか?
経験者の方は給与面での優遇がございますが、未経験者からのご応募も大歓迎です!
仕事の内容や工具の使い方など、一から丁寧に指導を行いますのでご安心ください!
弊社求人に興味をお持ちくださった方は、お電話または採用情報ページの専用フォームよりご応募くださいませ。

協力会社様を募集しております!

早川工業では、ともに業務を行ってくださる協力会社様を募集しております。
プラント工事や製缶加工などの業務を通して、信頼関係を築ける企業様を募集しておりますので、同じく協力会社を探している企業様がいらっしゃいましたら、お電話またはお問い合わせフォームより、ぜひご連絡くださいませ!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

早川工業
〒678-0066 兵庫県相生市山崎町237-4
TEL/FAX:0791-23-3722

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

点検歩廊増設工事

点検歩廊増設工事

点検歩廊増設工事 ここまで、点検歩廊増設工事の様子をお写真でご紹介してまいりましたが、いかがでしたか …

建設業者『早川工業』で働く魅力とは?

建設業者『早川工業』で働く魅力とは?

兵庫県相生市を拠点に県内各地でプラント工事の現場に携わっている早川工業では、ただいま新規スタッフを募 …

看板製作しました!

看板製作しました!

看板製作しました!夜間にはライトアップします。 兵庫県相生市のプラント工事は早川工業   求人募集 …