投稿日:2021年8月19日

プラント工事における溶接で大切なコト

こんにちは!
兵庫県相生市を拠点に、工場などを対象とした機械器具の設置や配管工事などのプラント工事を手掛ける早川工業です。
弊社では、プラントに必要な配管の製作から現場における取り付け作業まで、一貫して行っています。
また、溶接・製缶に関するノウハウを駆使し、現場に合わせて最適な配管工事の提供に努めています。
今回は、「プラント工事における溶接で大切なコト」をテーマにお話ししましょう。
ぜひ最後までご覧ください。

安全な作業


溶接は、熱を使って金属を接合する作業です。
溶接作業中には火花が発生します。
その飛び散った火花で火傷を負ってしまう恐れもあり、一つ間違えば事故が起こるリスクがあります。
プラントでは、引火性のある薬品や油脂などを扱っていることもあり、飛び散った火花が引火し、火災や爆発事故が起こってしまう危険性もあるのです。
このようなリスクを回避するため、溶接作業を行う際には、常に安全に配慮する必要があります。

丁寧な施工

配管同士を溶接で接合することで、強固につながります。
しかし、溶接での接合に少しでもズレが生じれば、配管の接合が甘くなってしまいます。
配管の接合が強固でなければ、配管の中を流れる液体や気体が漏れ出してしまう恐れがあります。
プラントの配管には、有害な物質が流れているケースもあり、生命を脅かすことにもなりかねません。
そのような事態を防ぐためにも、作業に集中し、寸分の狂いがない施工を行うことが重要です。
また、丁寧な施工は、品質にもしっかりと表れます。
丁寧に施工を行うことは、溶接において大切なことの一つだといえます。

技術を磨く

溶接にはさまざまな工法があります。
その中から状況に適した工法を選び、施工を行わなければなりません。
一つ一つの作業をしっかりとこなし、経験を重ねることで、さまざまな溶接の工法を身に付けることができます。
また、身に付けた技術は、そのままで満足するのではなく、どんどん高め、磨き上げましょう。
そうすることで、さらにスキルアップをし、高品質な施工を行えるようになるでしょう。

【求人】早川工業では新規スタッフを募集中!


プラント工事の現場スタッフとして、早川工業で頑張ってみませんか?
応募にあたり、経験や資格の有無は問いません。
道具の使い方や仕事の進め方などは、先輩スタッフが一から丁寧に指導しますので、未経験者の方も安心して飛び込んできてください!
資格取得支援制度を活用し、スキルアップを目指していただける環境を整えています。
スタッフ同士の仲も良く、働きやすい会社です。
ぜひお気軽に採用情報からご応募ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

早川工業
〒678-0066 兵庫県相生市山崎町237-4
TEL/FAX:0791-23-3722

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

早川工業で働く魅力

早川工業で働く魅力

早川工業は、兵庫県相生市に拠点を置き、配管工事・溶接工事・鍛冶工事などを手がけています。この記事では …

某製紙会社 プラント工事

某製紙会社 プラント工事

某製紙会社さまからご依頼をいただき、配管の製作から現地での保温工事・板金工事までを担当いたしました。 …

ボイラー搬入 据え付け工事

ボイラー搬入 据え付け工事

ボイラー搬入 据え付け工事 先日、ボイラーの搬入と据え付け工事を行いました。傷をつけることがないよう …